かなりきついが自分のため

貧血がマシになってくると、いろんなことに頭が回るようになる。

今直面しているのは、これから先のお金の稼ぎ方。

前は、小説家になりたいなとかアホなことを考えていた。

しかし自分の書いた小説はメッチャクチャ稚拙な上、とんでもない展開が多く、まあこれは商業無理だなとわかったのは結構早くて、2014年。はっきりと見切りをつけたのは2017年だった。(一応7年は頑張ったが、ことごとく一次が通らない。読者もほとんどいない。つまるところ才能がない。)

ちなみに昔は漫画家希望で、結婚するまで書いていたが、それも入賞の一歩手前で終わってしまっていた。

20代後半でこれでは無理だと諦めた。あと、出産で余裕がなくなったのもある。

それでも創作は止められなくって、2010年に小説を書き始めた。が……駄目だったわけです。

知識量がね、足りないんですよ圧倒的に。なので趣味で書くのが一番良し。

何より、気を抜きたくて書いてるのに、お金に直結したら、息抜きの場が消えてしまう。それだけは避けたい。

というわけで、50歳を目前に、日商の簿記2級とITパスポート(情報技術関連の登竜門の資格らしい)を取ることにした。

全商の簿記の1級(ただし会計のみ)は持っているけれど、はっきり言って効力はない。ないよりマシというレベル。なので、なんとかせにゃならんと考え、とりあえずは日商の3級を勉強し、理解できたら2級にチャンレンジすることにした。

ITパスポートは、私がとにかくIT関連が好きだけで、言われなくても勝手に勉強している状態だ。

今の仕事は土木の製図補助だが、残念ながら資格取得は難しい。なぜなら現場に出られないから。

また、それを意思表示するほど切望していないのが致命的。

かと言って手抜きするつもりはないし、こちらはこちらで勉強している。

こちらの方は、数学から手を付けている。土木は物理と数学の集大成だと思っているので、これが理解できないとお話にならんのですね。

ちなみに全くわからないのでプライド粉々ですよ……。

なんとか数年以内に少しでも収入を増やしたい。

特技は?と考えて、IT関連と四則演算になったわけです。今の職場でそちらへ異動を願うか転職をと考えています。

簿記会計は基礎はできているし、金銭処理にも手慣れているのでなんとかなるはずだし、IT関連は、好きと言うだけだがなんとか取りたい。

つうわけで、先日よりスタートし、勉強しております。どうなるかわからんけど、とにかくやるしかない。

無謀かなとか、もっと早くに取り掛かっていればと思わないでもないが、(過多月経の極度の貧血では無理だった)それでも何もしないよりは良いとお思う。

わかっているのは、

小説で商業デビューするより、日商簿記2級を取得する可能性の方がぐんと高い

こと。これだけは確実だ。

何より簿記とパソコン動かすのが好きだ。これも立派な動機だと思う。

頑張る!